Google AMP(Accelerated Mobile Pages)がリリースされて以来、それは絶え間ない論争にさらされてきました。Google AMPの主な目的は、Webページのページ読み込み速度を向上させ、モバイルフレンドリーなエクスペリエンスをユーザーに提供することです。

ほとんどの検索アクティビティはモバイルを使用して実行されるため、特に人が動いているときは、Webサイトの読み込みを高速にする必要があります。その結果、訪問者を維持し、ユーザーエンゲージメントを高めることができます。ただし、一方で、AMPはHTMLの簡易バージョンで構築されており、従来のWebサイトと比較して機能が制限されています。その結果、Google AMPがSEOに有益であるかどうか、オンラインマーケティング担当者やSEOサービスプロバイダーはしばしば疑問を投げかけられます。トピックをさらに掘り下げて理解しましょう。

Google AMPとは
Google AMP(Accelerated Mobile Pages)は、GoogleがWordPress、Twitter、LinkedInと共同で開発したユニークなオープンソースプロジェクトです。その主な目的は、モバイルバージョンのウェブサイトの速度を向上させ、ユーザーに魅力的なエクスペリエンスを提供することです。AMPテクノロジーを導入すると、ウェブページをすぐに読み込むことができます。広告とユーザーインターフェイスのデザインに制限を適用することでユーザーエクスペリエンスを強調し、モバイルエクスペリエンス全体を向上させます。これを効果的にするために、CSSを75 KBに、JavaScriptを150 KBに制限しています。
どのように機能しますか?
AMPは、HTMLとJavaScriptの簡易バージョンで構築されています。これにより、モバイルユーザーに関連情報を表示するために必要な機能のみに機能が制限されます。従来のウェブサイトと比較して、AMPを通過するデータは約10分の1であるため、AMPページはページの読み込み速度が非常に高速です。

AMPページはGoogleのサーバーでホストされています。Googleは、エンドユーザーが検索結果でこれらのリンクをクリックする前に、AMPコンテンツをキャッシュ、プリロード、プリレンダリングします。ユーザーがGoogleでAMPコンテンツをクリックすると、Google AMPビューアまたはSigned Exchange(SXG)のいずれかを介して表示されます。このようにして、Googleは、インターネットを有利に形成するために、ウェブサイトの構築と収益化に影響を与えています。その結果、多くの技術専門家やSEO企業は、GoogleがWebをさらに制御しようとする試みであると批判しています。xそれにもかかわらず、WebサイトはAMPに引き寄せられています。

Google AMPの利点
Google AMPは通常、エンゲージメントを強化するためにユーザーエクスペリエンスを改善することを目的としています。同じことを促進するいくつかの利点があります。これらの利点のいくつかは次のとおりです。

  • Webページの読み込み時間を短縮し、非常に速くなります。その結果、直帰率が低く、コンバージョン率が高いため、ユーザーエクスペリエンスがより最適化されます。
  • AMPページは、モバイルのGoogle SERPでの視認性が向上しています。以下のスクリーンショットに示すように、AMPページは検索結果で稲妻のロゴで強調表示されています。
  • AMPページには、モバイルのGoogle画像に専用のスワイプアクセス機能が付属しています。AMPの事前レンダリング機能を使用して、画面の下部にページのプレビューを表示します。ユーザーはプレビューを上にスワイプしてソースページにアクセスできます

Googleは、AMPはユーザーエクスペリエンスの改善にすぎないと繰り返し述べています。結果には引き込まれず、公式のランキング要素でもありません。ただし、AMPはページの読み込み時間を改善します。これはランキング要素です。したがって、彼らはSEOにおいて間接的な役割を果たす。
AMPページは通常、SERPで上位にランク付けされます。さらに、スワイプしやすいように、水平カルーセルに表示されるようにフォーマットされています。これにより、上位のAMPページの視認性が向上します。また、AMPページをクリックした訪問者はエンゲージする可能性が高く、直帰率が低下します。これにより、Google AMPは、長い形式のコンテンツを使用して訪問者と関わりを持つデジタルマーケティングの専門家にとって優れたSEO戦略になります。
AMPページは、HTMLおよびJavaScriptコーディングの簡易バージョンであることを学びました。ただし、これらのページには、オーディオとビデオの要素を含む動的コンテンツ、およびソーシャル共有ボタンを含めることができます。その上、それはそれがさらにSEOフレンドリーにするGoogle Analyticsによってサポートされています。これは、ページビューの追跡、ランディングページのさまざまな部分のクリック、およびソーシャルインタラクションを容易にします。

反対に、AMPページのURLはGoogle.comをルートとしているため、AMPはリンクの構築作業を妨げる可能性があります。また、AMPは主に長い形式のコンテンツと記事に焦点を当てており、顧客のクエリに対する回答は提供していません。したがって、AMPサイトの場合は、ブログの投稿や記事を大量に用意する必要があります。

まとめ
検索の最適化に対するAMPプロジェクトの完全な影響を理解するのは少し早いかもしれません。ただし、長い形式のコンテンツに重点を置いているビジネスサイトは、それでもメリットがあります。さらに、モバイルフレンドリーなサイトを持つことは、現在のeビジネスの世界ではほとんど必要であり、特に地元の聴衆を引き付けることを求めているSMB(中小企業)にとっては不可欠です。Googleはモバイルフレンドリーに重点を置いているため、AMPはSEOの将来にさらに普及するでしょう。SEOサービスの詳細とガイダンスについては、info @ oodlesmarketing.comまでお問い合わせください。